テクニカルガイド

テクニカルガイド

テクニカルガイドをお読みいただき、完全データでのご入稿をお願いいたします。 ご入稿いただく際は、データ上およびフォルダにおいて、印刷に不要なデータを含めないようにしてください。

データ作成・圧縮について

対応アプリケーションについて

Illustrator
最新までの全てのバージョンに対応しております。 文字のアウトライン処理、効果のアピアランスを分割処理など確認の上ご入稿ください。
Photoshop
最新までの全てのバージョンに対応しておりますが、データ確認・出力作業においてはIllustratorを使用しております。 そのためPhotoshop内でのみ確認できる機能につきましては、こちらでは確認いたしませんのでご注意ください。
Microsoft Office
バージョンにかかわらず、オフィスデータのままでは直接出力できません。必ずお客様ご自身でPDF形式に変換してください。 オフィスデータのまま入稿された場合は再入稿になりますのでご了承ください。
Microsoft Office
バージョンにかかわらず、CLIPSTUDIO、SAIの固有形式のままでは出力できません。 Photoshop形式(PSD)もしくはPDF形式に変換してのご入稿をお願いいたします。 入稿ページで形式を選択する際は、Photoshopの最新をお選びください。
ソフトの使用方法についてはサポートいたしませんのでご了承ください。

完全データについて

完全データであることを確認してからご入稿ください。完全データとは、修正等の作業が必要ない完成された制作データのことです。 データ入稿の際には入念なデータチェックをお願いいたします。
弊社では出力時にIllustratorを使用しております。 Illustraotr以外で制作いただいたデータについてはキャンバスサイズや塗り足しなど注意点がございますのでご注意ください。
完全データではなかった場合、お客様にて修正いただき再入稿をお願いしております。 データを再入稿いただいた時点を受付日として再設定させていただきます。 その際は、納期に変動が起きる可能性がございますのでご了承ください。

ファイル名について

文字化けなどのトラブルを避けるため、基本的に半角英数字にてご指定ください。特殊記号などは使用しないようご注意ください。

解像度について

印刷の出力に必要な画像解像度は最低150dpiです。解像度が低すぎると画像が粗くなり、高すぎてもトラブルの原因になります。 原寸サイズの状態で150〜300dpiがおすすめですが、解像度に比例して容量も大きくなりますので、制作いただくデータに応じて調整をお願いいたします。

カラーモードについて

弊社ではCMYKにて出力しております。はじめにカラーモードをCMYKに設定してからデータを制作してください。
データ制作の途中でカラーモードをRGB→CMYKに変換した場合は、印刷の際に意図しない色味になり一般的にくすんだ印象になります。 黒で指定した部分ではCMYK混色になり出力トラブルの原因になりますので、Kのみになるよう変換調整してください。
リッチブラックおよびCMYK100についてもトラブルの原因になりますので使用しないでください。
また、特色では正しく印刷できない場合がございますので、特色は使用せずに必ずCMYKに変換をお願いいたします。 もし特色が含まれていた場合は弊社にてCMYKに変換いたしますので近似色となります。仕上がりの印象が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

データ作成サイズ・キャンバスサイズについて

拡大縮小時のトラブルを避けるためにも、必ずご注文時に選択いただいた原寸サイズにて制作してください。 キャンバスサイズについては仕上がりサイズではなく、塗り足しやトリムマークを含んだサイズ、もしくはそれ以上の大きさで制作してください。
Photoshopで制作いただく場合は塗り足し込みのキャンバスサイズであれば問題ございません。
MicrosoftOfficeでPDFに変換いただいたデータに関しては、キャンバスサイズで書き出されますので、塗り足しやトリムマークが含まれているサイズかご確認ください。
入稿データが仕上がりサイズだった場合は、再入稿の対象にならずそのまま制作を進めますので、白いフチが出てしまう可能性がありますが、あらかじめご了承ください。

塗り足し・仕上がりについて

印刷物は仕上がりサイズより大きめに出力したものを、仕上がりサイズに断裁して制作しております。
仕上がりサイズのデータでは断裁時の微妙なずれで端に白いフチ(紙色)が出てしまったり、 仕上がりサイズギリギリにある絵柄などは断裁や筋入れ等の加工時に絵柄が切れてしまう可能性がありますので、 必ず塗り足しや配置を考慮に入れてデータを制作してください。
塗り足しは天地左右にそれぞれ+3mmずつ、仕上がりサイズですと縦横+6mm(トンボの外側の線まで)となるようにしてください。 見切れてはいけない画像やオブジェクト、文字については、仕上がりサイズより内側に3mm以上の余白をおいて配置をお願いいたします。
なお、A型看板ではフレームが印刷面に被ってしまいますので、フレーム枠を考慮した出力データをご準備ください。 フレームに隠れてはいけない文字やイラストなどは、仕上がり位置より6.5mm内側を目安に配置してください。

アウトラインについて

文字デザインがあるものに関しては、アウトライン処理をしていないとフォントが置き換わってしまいます。 これはPCにフォントがインストールされていないことにより起こる現象のため、必ずお客様の環境でアウトライン処理をお願いいたします。 アウトライン処理がされていなかった場合は再入稿になりますのでご了承ください。

リンク画像・埋め込みについて

IllustratorやPhotoshop上で画像をリンク配置している場合は、該当の画像データすべてを同じフォルダにまとめてご入稿ください。 画像を入れ忘れるとリンク切れを起こし正しく表示されません。必ずデザインに使用した画像などすべてを含めたデータをご用意ください。
また、文字化けなどによるリンク切れを防ぐためにもリンク画像の名前は半角英数字で指定してください。 文字化けによりリンク切れを起こしていた場合、こちらではどれが正しい画像か判断出来ません。
リンク画像については、埋め込み処理していただく方法もございます。 こちらはメインデータに画像データの内容も含まれますので本体データのみの入稿で問題ありません。
リンク画像、埋め込みでの不備は再入稿の対象になりますのでご注意ください。

見本について

制作データのスクリーンショットを撮影いただき、JPEGもしくはPNGで添付してください。 OSごとに方法が違いますので、下記を参考にしてください。バージョンや設定によっては下記の通りにいかない場合がございますのでご了承ください。

データの圧縮方法

新規作成したフォルダ名を注文番号に変更し、そのフォルダの中に制作したファイル一式を入れてください。 配置画像がある場合はそのリンク画像、見本としてのスクリーンショット画像、注意事項等があればそのテキストファイルなどになります。 圧縮形式は「zip」でお願いいたします。入稿欄にOSを選択いただく箇所がありますが、圧縮・解凍時にデータ不備を回避するための情報となります。
※圧縮をかけることで、ファイル送信における破損の確率を抑えることができます。
※再入稿など何度か入稿する場合は前回のデータと区別できるように、「再」や「-02」など名前にお付けください。データの取り違えを防止するためにも、 お手数ですが差し替えの趣旨が分かりやすいようにお願いいたします。

■Mac OS 10・11
該当フォルダを「control」キーを押しながらクリック、または右クリックで選択し、コンテキストメニューから「"〇〇〇"を圧縮」をお選びいただくことで圧縮できます。 その他圧縮アプリを使用する場合は、各種アプリの仕様をご確認いただきご利用ください。 圧縮が完了すると圧縮したフォルダと同じ場所、または任意の場所に圧縮されたデータが作成されますので、こちらをご入稿ください。

■Windows 10
標準で圧縮アプリが搭載されておりますのでそちらをご利用ください。 該当フォルダを右クリックし、メニューの中の「送る」を選ぶと横にメニューが開きますので、その中の「圧縮(zip形式)フォルダ」を選びます。 その他圧縮アプリを使用する場合は、各種アプリの仕様をご確認いただきご利用ください。 圧縮が完了すると圧縮したフォルダと同じ場所、または任意の場所に圧縮されたデータが作成されますので、こちらをご入稿ください。